横浜・川崎・戸塚 設計事務所で注文住宅を建てるならスタジオカーサ

  • 会社概要
  • お問い合わせ
  • 名前:野口 妙子
  • 部署(役職):設計・インテリア担当(横浜)

北海道千歳市出身

東京デザインプレックス 商空間デザイン卒

札幌デザイン事務所勤務 

横浜設計事務所勤務

リノベーション会社勤務

 

「やらない」も、きちんと選択肢に。

 

お客様といちばんにお話し、お客様といちばん長くお付き合いさせて頂くなかで、

主に資金計画や設計プラン、インテリアのご提案でお話させていただく事が多いです。

設計を担わせて頂く際には、お客様の”大切”が

空間や動線の中で自然に浮き上がることを妄想しながらプランを考え、

つい時間を忘れてしまいます。

 

仕事に線引きはありませんが、

お客様との距離が少し遠いトコロで、広告や総務経理も担当させていただいています。

経費をかけずに解決が図れると、

この小さな削減も、お客様につながってると思ってしまうので、いちいち愉しいのです。

 

幼いころからエネルギーが有り余っていたので、

とにかく走って跳んで、歌って踊って、心から球技を愉しみ、まるで犬の様な人間でした。

その反面、1人でバスや電車などの乗り物に乗るのが怖くて、そんな日が一生来なければいいのに

と強く願っていた臆病な性格でしたので、

道に迷ったり、戸惑ったりされてる方を見ると、どうしても声を掛けたくなってしまう傾向があります。

 

新卒当初の私が利用者様の安心になりたいと思い、

一番はじめに選んだ仕事は、航空会社でのグランドスタッフでした。

今となれば異色ですが、接客•運輸業に従事させていただく中で

どれだけお客様に協力してもらっても、どれだけスタッフが頑張っても解決できなかったのが

空間や動線だと気づかせてもらいました。

空間デザイン1つで、快適さや感情、ひいては時間の価値が変わります。

利用者様に、今を最大限に活用してもらいたいと思い立ってしまい

空間デザインの世界に飛び込み、何もわからない中で、たくさんの現場経験をさせていただきました。

 

デザイン事務所、設計事務所で、商業建築〜リノベーションなどの多くの案件に携わらせていだく中で

自分の経験や適性が、受け手にとって一番価値になるフィールドは?

と考えて行き着いたところが、住まいの設計です。

父の転勤の影響もあり、引っ越しの数は人生で12回。

木造アパート、団地やマンション、そして戸建。

それぞれの良さがあり、それぞれの不便な想い出が、ご提案の種となってくれています。

 

設計士として大事にしていることは、きちんとお客様のお話を因数分解し、必要を見極め

自分の言葉と温度で伝えることです。

真剣に向き合った結果、「やらない」と言う選択肢さえも、正直に伝えられる設計士でありたいです。

 

住まい手の時間を大切に想い、家族の日常が染み込む家づくりの為

話の分かる紡ぎ手になりたいと思っています。

  • 名前:樽角 健一
  • 部署(役職):設計・インテリア担当(横浜)

[資格]一級建築士 既存住宅現況検査技術者

横浜市出身
芝浦工業大学 工学部 卒業
桑沢デザイン研究所 卒業
建売デベロッパー 勤務

建設会社 勤務

リノベーション会社 勤務

未来へと結んでいく

 

 家づくりを2度も3度も経験した方は少ないので、

初めは何にこだわったら良いのかわからないかもしれませんよね。

それでもお打ち合わせでは雑誌などを見ながらデザインや普段の生活、興味、趣味など

色んなことをお伺いしていく中で、お客様にあった家づくりを探していきますので大丈夫です。

 

でも家づくりには様々な制約があります。

敷地の大きさ・形・道路の位置・高低差・隣地・法規・予算、挙げたらキリがないほど多くの事があります。

これらの制約を個性と捉えて、知識と工夫で個性を潰さずにバランスをとって生かす設計士の仕事です。

 

家は人と人が最初に出会う場所。

そんな大切な場所を作ることを仕事にしたいと大学生の時に住宅建築の仕事を始めましました。

それから17年間、ずっと同じ地域で家づくりの仕事をさせて頂いてるので、

街で始めた頃に携わった家を見かけることがよくあるのですが、

ある時、とても古く感じてしまった事があったんです。

年月が経てば古くなるのはあたりまえなのですが、それでも魅力のある家とそうでない家があります。

何でだろうと考えたんですが、

間取りの利便性、流行に合わせてた外観など、売るためを目的にデザインがされているからだと気がつきました。

完成した時が一番よくみえるようになっているんですね。

 

家を建てる目的は売ることでも、ただ建てることでもないです。

住む人の未来への想いを目的として建てることが、年月がたっても魅力があり続ける家作りに大切なことだと思います。

良い家は住まい手を守るもの、雨風や地震からだけではなく、資産としても住まい手を守り続けるものです。

敷地の個性、お客様の想いとご予算、設計士の知識と工夫、職人の技術と経験を掛け合わせ、

お客様の未来へと結んでいく唯一無二の家づくりを情熱を持って、できる限りサポートさせて頂きたいと思います。

  • 名前:加納 忠
  • 部署(役職):現場監督・アフターメンテナンス担当(横浜)

本質の家づくりを

お施主さまと、設計士が描いたお住まいを、実際にカタチにすることが自分の仕事です。

”安全か・不便はないか・快適か”と、

お施主さまにとって、なかなか目に見えない部分も含めてカタチにしていきます。

個人的には、お引渡し前の清掃が最終確認を含め一番気持ちが入ってしまいますね。

 

その他にも、土地や中古物件の現地調査時には、これからここで住う事を一緒に考え

正直にアドバイスさせていただく事もあります。

また、自身で設計していた経験も生かし、設計士をしっかりとサポート。

設計段階では気づきにくいところを、現場監督としてしっかり指摘していく事が、

そこで住まう人たちにとって、とても大事なことだと思ってます。

 

また当たり前のことですが、協力業者さんや職人さんがいなければ、家は建ちません。

実際にお施主さまにお会いすることが無い協力会社の皆も、

”一棟一棟を丁寧に、そこに住まう人が幸せに暮らせる住いを”

実現するように、家づくりをしていくことを大切にしています。

 

現場一筋21年。

 

建築業界で幅広く生きてきた中で、会社や業界目線ではない

本当にお施主さまの必要なお住まいをカタチにする為、

ゼネコン、リフォーム会社、ハウスメーカー、リノベーション会社などで培った経験を

お施主さまからのご相談や、家づくりに役立てていきたいと考えています。